アドバイザー/アンバサダー

Home › アドバイザー/アンバサダー

アドバイザー/アンバサダー

アドバイザー/アンバサダー

Mountain

北村俊之(UIAGM国際山岳ガイド)

当社テクニカルアドバイザー

詳しく見る

アドバイザー/アンバサダー

1962年東京生まれ。小学校より野外活動、登山に親しむ。早稲田大学入学後、学内クラブおよび社会人山岳会で本格的登山に取り組む。ブロードピーク三山無酸素アルパインスタイル縦走、チョー・オユー無酸素単独登頂など。8000m峰6座登頂、うち5座は無酸素登頂。現在は、毎年、世界の高峰をガイドしている。立山ガイド協会所属。日本山岳ガイド協会ガイド資格検定員担当。二児(娘)の父でもある。

アドバイザー/アンバサダー

Mountain

平岡 竜石(UIAGM国際山岳ガイド)

当社テクニカルアドバイザー

詳しく見る

アドバイザー/アンバサダー

1968年生まれ。山梨県北杜市在住。
1991年に、チベットのシシャパンマ(8,036m)登山以来20年以上に渡り高峰を登り続けている高所登山を専門とする山岳ガイドです。
1996年には、南米ペルーとボリビアで、トクヤラフ、ワイナポトシ、イリマニ等に登頂。
1997年には、パキスタンのナンガパルバット(8,125m)の無酸素登頂を達成。
2001年には山岳ガイド資格を得て、公募登山隊の企画をスタート。
ヒマラヤとアンデスに精通し、毎年、新しい地域の新しい山に公募登山隊を企画。
ヒマラヤでは、2011年にはエベレスト(8,848m)にも成功し、8,000m峰もガイドする。
マナスル2回、チョーオユー1回、ダウラギリ1回、アンナプルナIV峰1回、アマダブラム2回、その他6,000m峰多数。
2011年には、インド・ラダックの最高峰ルンサール・カンリ6,676mに成功。
南米アンデスでは、ペルーのブランカ山群を中心に、ボリビア、エクアドル、アルゼンチン、チリの各国に、登山隊を企画同行している。
ワスカラン8回、アコンカグア4回、アルパマヨ3回、チンボラソ2回、イリマニ2回、サハマ、ワイナポトシなど。
2004年から4シーズン、ニュージーランドのアルパインガイズ社に所属し、サザンアルプスの山々を登る。最高峰マウントクックに5回登頂。

RYUSEKI EXPEDITION
http://ryusekiexpeditions.com/

アドバイザー/アンバサダー

Mountain

高木 律子 (日本山岳ガイド協会認定登山ガイド)

アンバサダー

詳しく見る

アドバイザー/アンバサダー

長野県白馬村在住。日本山岳ガイド協会認定登山ガイド、信州登山案内人、尾瀬認定ガイド。
20代後半から登山を始め、尾瀬でトレッキングガイドの仕事を経験。その際お客様にとても喜んでもらえたことに自分が感激し、ガイド業へ進むきっかけに。現在、夏期は北アルプスや八ヶ岳、尾瀬を中心に登山やトレッキングのガイドを行なう。

アドバイザー/アンバサダー

Mountain

平出 和也 (アルパインクライマー)

詳しく見る

1979年5月25日生まれ。ICI石井スポーツ登山本店に所属。

アルパインクライマー、山岳カメラマンの二刀流で活動中。
2008年10月、インド・カメット峰サムライ・ダイレクトルート登頂。その登山により、2009年4月ピオレドール(金のピッケル)賞受賞。同登山では、ザンバラン・Mt.エベレストを使用。

これまで多くの山に未踏ルートから挑戦してきたが、平出にとってはまだプロローグに過ぎない。
2013年に、三浦雄一郎氏の80歳でのエベレスト登頂のカメラマンとして
歴史的瞬間を記録した。近年はアメリカからの依頼でエベレストに向かう。
国内でも多くの山岳撮影で活躍している。

2001年 クーラ・カンリ東峰(7381m)/初登頂/読売スポーツ賞受賞/チョー・オユー(8201m)/スキー滑降
2003年 キンヤン・キッシュ(7852m)/初登攀
2004年 ゴールデンピーク(7027m)/新ルート
2005年 ムスターグアタ(7564m)/東稜第2登/シブリン(6543m)/新ルート
2007年 シスパーレ(7611m)/北東壁新ルート挑戦
2008年 山岳スキー世界選手権(スイス)参戦/ガッシャブルムⅡ(8035m)登頂/ブロードピーク(8047m)登頂/カメット(7756m)登頂/新ルート 読売スポーツ賞・ピオレドール受賞
2009年 山岳スキー世界選手権(中国)参戦/日本チームとして参加・優勝
7月 ガッシャブルムⅠ峰(8068m)登頂
10月~ ガウリシャンカール(7134m)東壁新ルート挑戦
2010年 10月 アマダブラム(6856m) 北西壁新ルート挑戦
2011年 5月 エベレスト(8848m)撮影隊として南東稜から登頂。
2011年 10月 ナムナニ峰(7694m ) 未踏の南峰と主峰に登頂
2012年 8月 ハン・テングリ(7010m)北陵から登頂
2012年 9月 シスパーレ(7611m)南西壁新ルート挑戦
2013年 5月 エベレスト (8848m)三浦雄一郎の撮影として南東稜から2度目の登頂。
2013年 7月 ディラン(7266m)西稜から登頂
2013年 8月 シスパーレ(7611m)南西壁新ルート挑戦
2014年 5月 エベレスト(8848m)アメリカ隊の撮影
2014年 10月 カカボラジ( 5881m) 北陵より挑戦
2015年 5月 エベレスト(8848m)アメリカ隊の撮影
2015年 10月 遠征予定
アドバイザー/アンバサダー

Bicycle

三船 雅彦(プロサイクルロードレーサー)

アドバイザー

詳しく見る

アドバイザー/アンバサダー
1969年 岡山県生まれ、京都府城陽市出身。
1987年 中学のときにテレビで見たツール・ド・フランスに憧れ、高校卒業後、オランダへ単身留学し、94年よりプロ登録。
1999年 ツール・ド・フランドルに日本人としてはじめて出場。
2000年 当時のワールドカップ対象レース、世界主要レースを経験。世界最高峰のクラシックと言われるベルギーのツール・ド・フランドルで、ベルギーのチームでフランドルのメンバーに選ばれた日本人は他に現れていない。
2003年〜 国内の名門チームであるミヤタ・スバルで活躍。国内の主要レースを中心に各地を転戦。スポットで海外での活動も継続。
2005年 実業団チーム「マサヒコミフネドットコム・サイクリングチーム」を立ち上げ、2009年には実業団のトップチーム「チームマッサ」を設立。2015年まで活動。
2006年 95年以来のナショナルチームメンバーに返り咲き、アジア選手権に出場。チームロードで銅メダルを獲得
2007年 4年在籍したミヤタ・スバルを離れ、マトリックス・パワータグ・コラテックへ移籍。キャプテンとしてチームをまとめ、未勝利チームを合計9勝という大躍進の原動力となる
2008年 「ツアー・オブ・タイランド」第2ステージをゴールスプリントで制して、当時の日本人最年長UCIレース勝利を記録し、その後、現役を引退
2010年〜 ブルベ(ロングライド)に積極的に参加。
2011年 ブルベの最高峰、フランスのパリ〜ブレスト〜パリ1230kmに参加。53時間16分で完走し、それまでの日本人選手の記録を更新する。
2015年 再びフランスのパリ〜ブレスト〜パリ1230km挑戦、前回の記録を大幅に更新し43時間23分で完走を果たし、現在ブルベの世界でも第一人者

総合メニュー