自然に足運びを軽快にしてくれる私のパートナー

ザンバラン・パスビオGT

文:髙木律子(登山ガイド)

本ページの内容はインプレッション記事のため、使用者個人の感想を含んでおります。
ザンバランのイタリア工場で生産されているパスビオGTはフィット感に優れ、履き心地が良い。女性サイズは細身のラストが採用されている

山登りの私のパートナーには…

登山には様々な専用の道具がありますが、中でも私が重要視しているのが登山靴です。自分の足型にあった快適な登山靴は細やかな足運びができ、疲労を軽減させるなど、それらが安全につながると言っても過言ではありません。登山靴は山行中、常に足に密着しているわけですから、まさに山登りのパートナーと言えます。
私が最近使用している登山靴は、北アルプスの稜線歩きにはフィッツロイGT、雪山やアイスクライミングにはエクスパート・プロGTとザンバランブランドの製品が中心になりますが、足になじむ心地良さや足首のホールド感、丁寧な作りから信頼できる愛用のブランドになっています。

このパスビオGTは、ちょうど軽い山歩きやトレッキングに使う登山靴を探していた時に出会った一足です。まず一番初めに感じたことは、その軽さです。
レザーとマイクロファイバーを組み合わせたアッパーは、持った時も履いてみた時も軽さを感じることができます。そして、ソールは気密性の異なる吸収素材を組み合わせてあり、歩いてみたときに靴全体の適度なしなやかさとクッション性の良さが感じられます。このようなパスビオの特性は、自然と登山中の足運びを軽快にしてくれました。


長野県大町市内の大姥山に登ってきました。登りで連続する鎖場が面白いですが、なんといってもハイライトは「大穴」と呼ばれる半洞窟。

グリップ力にも優れ、
きれいなカラーリングも魅力です

これまで伊豆の葛城山、先日は信州の大姥山へこのパスビオGTを履いて楽しんできました。白馬の麓の大町市内の山はまさに新緑の時。太陽の光を受けて輝く緑の森を軽快に歩くことができました。登りでは鎖のある岩場が続くのですが、グリップ力があるので安定した山歩きができます。
また、パスビオGTはゴアテックスが使われているので防水性はもちろん透湿性もあり、軽い山歩きの時でも安心ですね。ウィメンズモデルの少し淡いオレンジ色はフィールドで良く映え、私のお気に入りです。
丁寧に手入れをして、大切に使いたい製品です。


髙木 律子(たかぎ・りつこ)
長野県白馬村在住。日本山岳ガイド協会認定登山ガイド、信州登山案内人、尾瀬認定ガイド。
20代後半から登山を始め、尾瀬でトレッキングガイドの仕事を経験。その際お客様にとても喜んでもらえたことに自分が感激し、ガイド業へ進むきっかけに。現在、夏期は北アルプスや八ヶ岳、尾瀬を中心に登山やトレッキングのガイドを行なう。