HOME › About LOWA

About LOWA

ローバーの哲学

ローバーのスローガンである“Simply more“は、私たちの品質に対する姿勢を表しています。単に高級な登山靴やアウトドアシューズをつくるということだけではなく、アウトドアスポーツへの情熱と共に、先端の技術と機能的な素材を結びつけ、可能な限り質の高い靴づくりを純粋に追い求めていくことを表しています。
私たちローバーは、90年以上にわたり職人の誇りをもって、足元をしっかりと包む高いフィット感と耐久性のある靴をつくり続けています。そして、本当に大切なことは、ユーザーがそれを実感しながら歩くことができることと考え、この価値観をこれから先も継続したいと考えています。また、ローバーの製品は世界中に輸出され愛用されていますが、私たちは100% MADE IN EUROPE(100%ヨーロッパ生産)にこだわっています。このことは品質を維持するためだけでなく、職人たちの技術の継承、ローバーに関わる人々の生活を維持するために大切にしていることです。このようにして私たちローバーは、100%信頼できる靴づくりを続けているのです。

ヴェルナー・リートマン

ヴェルナー・リートマン
ドイツ・ローバー社CEO

「ローバー」というブランドは、私たちが行っている一つ一つの行動、例えば「より大きな目標に向かって取り組むこと」、「思い切って挑戦すること」、「企業としての責任を果たすこと」、「環境に配慮すること」の決意を表しています。このことが、一人ひとりのお客様に高い品質と信頼性を多くのコレクションを通じて提供できることにつながっています。

ローバーの歴史

1923年、ローレンツ・バーグナーは当時だれも実践していない縫製方法によるシューズづくりに情熱を傾け、ローバーを設立しました。その後、ローバーは常に一歩先の靴づくりを続け、いつしか登山靴の最高峰のブランドになりました。そこに至るには常に伝統的な価値と先進的な技術、そして品質へのこだわりがありました。

創業以来、大きな成長を遂げていく中でも、ローバーは現状に満足することはありませんでした。 足元を見失わないこと、これが成長を続けられる要因と考え、ローバーはドイツ・バーバリア地方のイェッツェンドルフという小さな街に根をおろし、靴づくりを続けています。世界一の靴をつくる職人とその靴を考案する開発者たちは、この場所で働き続けています。同じ場所で90年以上も続けることで、伝統と品質を重んじているのです。

ローバーのアウトドアシューズは時代を追うごとに評価を得て、1957年には大きな遠征に行く多くのアルピニストがLOWAの靴を求めるようになりました。こうした遠征に使用される靴づくりの経験は、さらなる発展の礎となりました。新しい技術は市場を刺激し、伝統的な登山だけでなく、スポーティな登山といった新しい分野の創出につながりました。こうした流れは現在でも続き、ローバーは常に多くの新しい挑戦をしています。

社屋

現在のLOWA社社屋

1923
LOrenz WAgner(ローレンツ・バーグナー)により創設
1972
当時生産していたスキーブーツにフィット感を高める「エア」システムを搭載
1986
ゴアテックスとの提携がスタート
1996
ベストセラーモデル、レネゲードGTの販売がスタート
1998
生産設備、本社工場の刷新を行う
2013
90周年を迎える

PAGE TOP