HOMEFit & Confort › Material

アッパーとライニングの素材

ローバー製品には、甲(アッパー)に使われるレザー素材をはじめ、靴紐や金具、ソールにいたるまですべてヨーロッパで生産された部材が使用されています。

アッパー素材

ヌバックレザー

ヌバックレザー

適度な油分を含んだギンメンと呼ばれる部分を残す牛革の最上層部のレザーに、バフをかけて非常に短い毛足に毛羽立てたもの。キズが目立ちにくく、高い通気性と撥水性を持っています。革の上層部は限られた量しか取れないため高価になってしまいますが、抜群の耐久性としなやかさを併せ持った素晴らしい革となります。鹿革(バックスキン)に似ていることから「新しい鹿革」を意味する言葉が語源です。

スウェードレザー

スウェードレザー

牛革の一段下の部分を用いてなめし加工を施した部分です。 堅牢な性質を持つよう、手間を掛けた製法で作られます。 硬い革質で、キズが目立ちにくいため、登山靴に多く利用されています。

ライニング

ゴアテックス

ゴアテックス

ライニングに用いられるGORE-TEX®フットウェアは、特殊な構造を持った防水透湿素材です。それは水分子よりも小さく、水蒸気分子よりも大きいという孔を持ったメンブレンを保護素材とともに合わせた一体構造の素材です。これにより、外の雨などは侵入せず、汗の水蒸気は外に放出されます。

PAGE TOP