PS LPGマークについて

アウトドアで頼もしいパートナーとなるガスストーブ。このガスストーブ(ガスこんろ)は発売されるまでに実に多くの項目について検査がなされています。それは全て安全のために行われているものです。

イメージ

PS LPGマーク日本国内で販売されるPRIMUSのような携帯用ガスストーブ(液化石油ガスこんろ)には、必ずこのマークの表示が必要です。国内では、このマークがない商品を販売することは違法です。

なお、このPS LPGマークを取得するためには、下記のような様々な項目をクリアする必要があります。

  • 燃焼試験~排ガス値の基準のクリア、温度上昇のチェック(燃焼の熱で周囲に損害を与えないか、器具が過度に熱をもたないかなど)
  • バルブ・スピンドル耐久検査~ガスを調整するつまみを回してバルブ、スピンドルの耐久性能を検査
  • バルブやガス通路の機密性~ガス漏れが発生しないか
  • 組み立て、構造のチェック~容易に破損しないか
  • 表示関係のチェック~適切な表示が行われているか

(代表的なものです。これ以外にも多くの検査項目があります)

これらの検査は適合検査と呼ばれ、生産ロットからの抜き取りで行われる1次検査を経て、検査機関の検査員が工場に来て行う二次検査からなり、全ての項目が基準を満たすことが確認されたものにのみ合格が与えられます。
適合性検査は国に登録された第三者検査機関によって行われています。