パーソン

Person / Climber







平出和也氏

1979年5月25日生まれ。ICI石井スポーツ登山本店に所属。
大学山岳部で本格的な登山を学ぶ。ICI石井スポーツを拠点に1年間の半分以上をヨーロッパやヒマラヤで活動する。日本では登山本店の店頭で1人でも多くのお客様のご相談に乗り、コアな活動をしている人までサポートできるよう奮闘中。
『毎年オリジナリティーのある登山を実践しながら、新たに映像などを通じてより多くの人にお伝えできるよう挑戦中です!』
2008年10月、インド・カメット峰サムライ・ダイレクトルート登頂。その登山により、2009年4月ピオレドール(金のピッケル)賞受賞。同登山では、ザンバラン・Mt.エベレストを使用。

2001年   クーラ・カンリ東峰(7381m)/初登頂/読売スポーツ賞受賞/チョー・オユー(8201m)/スキー滑降
2003年   キンヤン・キッシュ(7852m)/初登攀
2004年   ゴールデンピーク(7027m)/新ルート
2005年   ムスターグアタ(7564m)/東稜第2登/シブリン(6543m)/新ルート
2007年   シスパーレ(7611m)/初登攀
2008年   山岳スキー世界選手権(スイス)参戦/ガッシャブルムII(8035m)登頂/ブロードピーク(8047m)登頂/カメット(7756m)登頂/新ルート 読売スポーツ賞・ピオレドール受賞
2009年   山岳スキー世界選手権(中国)参戦/日本チームとして参加・優勝
7月 ガッシャブルムI峰(8068m)登頂
10月〜ガウリシャンカール(7134m)東壁新ルート挑戦

Person / Manufacture


Marco Zamberlan(マルコ・ザンバラン)

ザンバラン社・社長。
創業三代目のマルコ・ザンバラン。
16歳で家業の靴工場を継ぐため工場に入る。
その後約20年にわたり、靴作りに携わる傍ら、地元北イタリアの山岳会で登山の基礎を学ぶ。
山岳レスキューチームのメンバーとしても活動し、仲間とともにヨーロッパの各地の山や南米、ヒマラヤなどの登山にも参加。
靴づくりを知り尽くすこと。
そして、山を愛し、登ること。
それが、ザンバランの靴をつくり出すのです。

2009年5月、同社の80周年記念事業としてバルンツェ峰(7220m)登山隊を組織。



Maria Zamberlan(マリア・ザンバラン)

ザンバラン社ではマーケティングを担当。


Emilio Zamberlan(エミリオ・ザンバラン)

ザンバラン社二代目社長。 幼少時より父親のジュゼッペ・ザンバランに登山の楽しさと仲間の大切さを教わる。