テクノロジー

メイド・イン・イタリア

サンバランのハイエンドモデルはイタリアの工場で 品質を守るために熟練工により丁寧に作られています。イタリア製のレザーブーツはすべて耐久性の高いイタリアンレザーを使用しています。

 

ノルウィージャン(NW)製法  –(Norwegian welted)

ノルウィージャン(NW)製法は、クラシカルな外観だけではなく、靴を堅牢に仕上げることで知られています。結果的に靴は型くずれしにくく長持ちする構造となります。縫い目はいわゆるダブルステッチで、二本の糸で縫われています。一本の糸はミッドソールシャンク部(足底の芯材)に、もう一本の糸は靴底の中板と呼ばれる部分に縫われています。非常に手間がかかる、職人の高い技術を要する製法です。

 

ビブラム®

世界中で広く愛されるゴム製のソールの製造会社、ビブラム社のソールです。ビブラム社製のラバーソールはグリップ性の良さと堅牢性で知られています。

 

ハイドロ・ブロック® – (Hydrobloc®)

ハイドロ・ブロックはザンバランにより選別された革に撥水・防水・耐久性を施した最高品質のレザーを使用していることを示すマークです。

 

ザンバラン・フレックス・システム(Z.F.S)

Z.F.Sは、靴の開口部に柔らかい部分と硬い部分を上手く振り分けることで、ハイカットブーツでも足首の関節の可動域を大きくし、同時にサポートする特殊なデザインです。岩場や険しい坂道などでも快適進むことが出来るように設計されています。

 

ラバー・レインフォースメント・システム(R.R.S)

適度に固く摩耗に強いゴムでブーツの擦れやすい部分をカバーすることにより、磨耗耐性を高めると同時に防水性と靴の型くずれを防いでいます。

 

ザンバラン・アンチトーション・テクノロジー(ZAT)

ゼット・エー・ティーは靴のねじれを抑えつつ、指の関節部分に屈曲性を持たせた構造です。硬いブーツでも足指の関節の自然な動きをなるべく阻害しないように設計されています。

 

プロ・クランポン・システム(P.C.S)

クランポン(アイゼン)を素早く装着するために考案されたシステムです。TPUをつま先とかかとに用いることでクランポンがしっかりと靴にロックされます。PUフォームを踵部に用いた通気性の高いPUミッドソールを使うことにより軽量化を図りねじれにも強くなっています。

 

セミ・プロ・クランポン・システム(Semi P.C.S)

セミ・プロ・クランポン・システムはセミワンタッチクランポン(アイゼン)の装着が可能な靴の設計です。TPUをかかと部に使用することにより、クランポンがしっかりと靴にロックされます。またミッドソールに適度な硬さの素材を使用することにより、快適性を確保しています。

 

フット・ラッピング・システム(F.W.S)

一枚の革で形成された靴の甲革(アッパー)を、足の甲部を包み込むような型に折り込んで形成します。耐久性と防水性を高めるのと同時に、靴と足の一体感を高める製法です。

 

ザンバラン・クッショニング・システム(Z.C.S.)

接地時の衝撃を和らげるために密度の違うクッション材を組み合わせてソール部に使用することで最適な衝撃吸収性と安定性を実現しています。

 

ザンバラン・エア・システム(ZAS)

ザンバランの特殊な製法とデザインメソッドを用い、靴の通気性を向上させています。さらに最適の素材を選ぶことにより靴の軽量化をしています。